G.クルーニー出演映画『オー・ブラザー!』より”Man of Constant Sorrow”

08.192015

この記事は2分で読めます

数日前からサン・ハウス、チャーリー・パットン、

ブラインド・ウィリー・ジョンソンなど、

古いデルタブルースを聴いています。

 

その流れから

G・クルーニー出演の映画『オー・ブラザー!

( 原題 O BROTHER WHERE ART THOU)

の挿入歌”Man of Constant Sorrow”が聴きたくなりました。

 

1930年代、南部ミシシッピ州を舞台にした、

G・クルーニー扮する脱獄囚人たちのハチャメチャ

ロードムービー。コーエン兄弟が監督。

ティムバートン監督の映画『Big Fish』と同様に

ふんわりと大人のファンタジーを混ぜる手法。

お伽話のようなムードが漂っていて、

見た後がすっきりします。

 

さらにこの映画はアメリカン・ルーツ・ミュージックが

散りばめられていて、ほっこりとした気分に。

 

その中で、ジョージ・クルーニーが中心となって構成される

ハーモニーグループ

「ずぶぬれボーイズThe Soggy Bottom Boys」が歌う

I Am a Man of Constant Sorrow がなかなか心地よいんです。

この曲はもともとケンタッキー州東部の地元民謡として歌いつ継がれ、

ミュジシャンにより何度かカバーでリリースされているそうです。

 

この映画のDVDを持っているのですが、

たまに見たくなる時はたいてい、この曲を聴きたくなる時です。

 

 

 

 

(In constant sorrow, all through his days)

I am a man of constant sorrow
I’ve seen trouble all my days
I bid farewell to old Kentucky
The place where I was born and raised
(The place where he was born and raised)

For six long years I’ve been in trouble
No pleasure here on earth I found
For in this world I’m bound to ramble
I have no friends to help me now
(He has no friends to help him now)

It’s fare thee well, my old true lover
I never expect to see you again
For I’m bound to ride that northern railroad
Perhaps I’ll die upon this train
(Perhaps he’ll die upon this train)

You can bury me in some deep valley
For many years where I may lay
Then you may learn to love another
While I am sleeping in my grave
(While he is sleeping in his grave)

Maybe your friends think I’m just a stranger
My face you never will see no more
But there is one promise that is given
I’ll meet you on God’s golden shore
(He’ll meet you on God’s golden shore)

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ