Room Eleven(ルーム・イレブン)/One Of These Days

09.212015

この記事は1分で読めます

軽い気分になりたい時に聴く音楽は

意外と見つけるのに苦労する

 

私にとってそんな貴重な曲のうちの1つ

ジャケットがあまりにも可愛くて

ふんわり柔らかい気持ちになれる

 

今日ピックアップしたバンドは

オランダ出身のRoom Eleven(ルーム・イレブン)

もうだいぶ前に解散してしまった

 

女性ボーカルのヤナ・スクラ(Janne Schra)が中心になって

ガーリーでポップな曲を作っていた

 

 

彼らのジャンルにとらわれない

エアリーなムードが好きだった

 

2007年から2009年というごく短い活動期間

とても残念

それでも、曲をかけると

とてもハッピーな気分になる

猫を抱っこするとふわふわモフモフした肌触りに嫌なことを忘れてしまう

それと同じような気分

私にとってのふわふわモフモフのハッピーソング

 

 

 

 

たしか今から20年ほど前、スウェーデンのpopグループ、カーディガンズが

“Carnival”という曲で世界中をふわふわ気分にしていた記憶がある

プロデューサーのトーレ・ヨハンソンは日本のアーティストも手がけていたし

今でも彼の手がけた作品はたまに聞いたりする

 

 

 

ABBA=スウェーデンが

カーディガンズ=トーレ・ヨハンソン=スェーデンという図式に

なんとなく入れ替わった

 

軽い気分になりたい

ふわふわモフモフの気分になりたい

そんな時の曲を

もっと常日頃さがしてストックしておきたい私だ

 

 

 

 

ルーム・イレブン、ボーカルのヤナ・スクラ

いつも気分をサラサラに、そしてハッピーな気分にしてくれてありがとう

関連記事

カテゴリー

アーカイブ