Yutaka(ユタカ)&Carol Welsman(キャロル・ウェルスマン)/Brazasia

09.242015

この記事は4分で読めます

images-1

風が金木犀の香りを乗せてきて

すっかり街は秋色の空間になっている

 

特に今日は午後から雨になる予報の東京

連休明けというのに、どことなく静かなムード

 

 

そんな時、聴きたくなる曲がブラジル音楽になりがちな自分

 

 

そこで今日は”Brazasia”という特別な曲を紹介したい

 

 

さらにこの曲のアーティストはこのサイトで初めての日本人

 

 

 

今日のミュージシャンは

YUTAKA(Wiki) (横倉裕)

彼は70年代、日本人で結成されたNOVOという

ブラジル音楽グルーブのメンバーとしてデビューしている

作曲家、キーボーディスト、琴奏者

 

このNOVOというバンド

彼らの音楽的バックボーンにはセルジオ・メンデスなどの

ブラジルのポップミュージックの流行がある

世界的にミュージシャンの間でボサノバやブラジル音楽が

流行していた50年代から60年代

ロックが大流行する60年代以前の音楽世界だ

 

 

 

日本ではおそらくjazzミュージシャンが真っ先に

ラテンやブラジル音楽から影響を受けて演奏、作曲、録音。

そうして歌謡曲をはじめ日本映画など

あらゆる音楽の場面から少しずつ浸透していき、

日本人の耳が外国のリズムに馴染んでいくのを助けた

 

 

そうして迎えた70年代

ロックの洗礼も終えラテンに限らず様々な音楽ジャンルが

日本のミュージシャンの間で咀嚼吸収され

ようやく借り物ではなく

血液として心臓から動脈を流れ始めようとしていた

 

 

しかし、まだどことなく夜明け前だったのではないか

私は感じている

その理由には今日でさえ未だ不完全だと言われる

「西洋音楽と日本語の共存」という課題

 

日本語の歌詞を乗せると途端にどんなジャンルも

歌謡曲のムードが強くなってしまうという

大きな課題を抱えていたからではないか

 

 

音楽的にあともう一歩、

そんな70年に突入して間もないころ

日本語との融合だけでなくリズムやムード、音像や手触り

仕上がり感まで全て純粋にブラジル音楽としての完成度を求め

真正面からブラジル音楽をjapan madeで生み出したのがNOVO

 

ちなみにGODIEGOなどプログレから発生した歌謡曲バンドも

音楽は遜色なくとも日本語との融合では試行錯誤をしただろうし

その葛藤を終えて結実する時期がNOVOの少し後の

70年代半ばだった

 

 

 

NOVOは本当に驚くほどのクオリティで

ブラジル音楽と日本語の融合を完成させたのだと思う
81jSLVY6KiL._SL1500_

 

 

そのNOVO初期メンバーであったYUTAKA氏が

単身アメリカに渡り日本人で初めて、

GRPレコードというjazzやAOR系のレーベルから
アルバムをリリースした


それが本日の”Brazasia” という名曲で始まる

彼のGRPでの初アルバム

51J9Yu5iyXL._SS160_

アルバムのタイトルを冠した本日の曲は、

緩やかなフェードインの後

曲中ずっと滑らかなオリエンタル感が漂う

そして、

フェードアウト後にまた聴きたくなる

 

 

奇をてらうような物をアレンジからぎりぎりまで排除すると

ここまで洗練されるのかと驚く

 

 

GRPという大手jazzレーベルから

日本人アーティストが

ブラジル音楽のCDをリリース

そのアルバムの冒頭は琴の音色

80年代のアメリカで、、、

 

 

もう、日本人ミュージシャンとして

これ以上の格好良い生き様は無いと思う

 

 

 

何度聴いても飽きないBrazasia

スマホを変えようがiPodを変えようが

いつも私の音楽ツールには彼の音楽が入っている

 

そして、このBrazasiaを

カナダのジャズミュージシャンの

Carol Welsman(キャロル・ウェルスマン)(Wiki)

カバーしている

 

これがまた歯切れが良くスピード感があって気持ちいい

彼女も同郷カナダ出身のダイアナ・クラールと同じく

男前なカッコ良さが際立つピアニスト・シンガーだ

 

 

カバーなのだが、とにかく原曲とはまた違った広がりがある

彼女のこちらのアルバムは全編を通して硬質なカッコよさで

貫かれている

 

images


YUTAKA氏、そしてこのBrazasiaという曲の音楽的無境界は
私の胸をいつも熱くしてくれる

 

ありがとう、YUTAKA、ありがとうキャロル・ウェルスマン

 

 

 

Brazasia

 

Long before I can see you I feel you Brazasia
A storm, a cool breeze turns into a warm embrace
Just beyond the horizon you’re waiting Brazasia
For me clouds will clear revealing a magic place

Slice of grey, shade of blue fragrant flowers you do
You’re the way to my heart, the rhythm is silver-lace
Light a candle Brazasia and guide me, invite me
To dance on your shore smile on your shining face.

In love with the echo of your laughter
I’ll be happy ever after
Greeting the morning with the sun,
On the adventure we’ve begun.
A land where a day lasts forever
A land where the rain lasts an hour
Where emotions rule the weather
And the moonlight has the power. Make it ours.

Mix the East with the South with the sound of Brazasia
You find something sweet a taste that will tantalize.
There’s a time and a season to come to Brazasia
A dream grows so strong, you’re ready for paradise.

(Instrumental)

In love with the echo of your laughter
I’ll be happy ever after
Greeting the morning with the sun,
On the adventure we’ve begun.
A land where a day lasts forever
A land where the rain lasts an hour
Where emotions rule the weather
And the moonlight has the power. Make it ours.
Ba da day, ya da day, ya daaahhh.

Mix the East with the South with the sound of Brazasia
You find something sweet a taste that will tantalize.
There’s a time and a season to come to Brazasia
A dream grows so strong, you’re ready for paradise.
La lie ya, la lie ya, la lie ya, la lie ya, la lie ya, la lie ya, ba da da, ba day ya da

関連記事

カテゴリー

アーカイブ