James Booker(ジェイムズ・ブッカー)/True

10.292015

この記事は1分で読めます

imgres

ジャンルとはいったいいつまで有効なのか。。

もうすでに存在意義がないのではないか。。

 

たまにそんなことを考えたりする。

 

クロスオーバー自体がジャンル名になっているけれど

実際は動詞的な意味で扱わないと

面白みや醍醐味に欠けてしまう。

 

James Booker(ジェイムズ・ブッカー)(Wiki)というアーティストは

ブルースやジャズをクロスオーバーし、

さらに歌うことでロック、R&Bなどポップスとの橋も作り

あらゆるジャンルを結ぶ未踏の獣道を命を差し出し踏み分けていった

ジャイアント・ピアニスト。

 

彼を聴いていて何の古さも感じない。

うっすらとも感じない。

 

 

 

写真からも古さを感じない。

 

いつの時代も、飛び抜けている人は存在する。

 

まるで考古学上その成立や製造法などが不明とされたり不可能と

されている出土品、いわゆるオーパーツのようだ。

 

しかし、突然変異のように生まれてきた彼らたちが

波乱万丈な人生と引き換えに様々な功績を残し

その後の技術や認識が大きく進歩、進化する。

 

その恩恵や革新により、後世の人が学び、享受しながら生きていく。

 

素晴らしい音楽をありがとう、ジェイムズ。

 

 

 

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ