Joseph Leo Bwarie(ジョセフ・レオ・ブワリエ)/Umbrella

11.102015

この記事は1分で読めます

今、コンビニにタウリン3000ミリの小瓶を買いに行った帰りに

自宅前のコーヒー屋さんでブレンドを飲んできたところ。

 

 

このコーヒー屋さんは最近、夜にはバーに変身する。

オーナーさんではなく別の人とシェアしているらしい。

夜のバータイムのマスターは外食産業のコンサルタントを昼間やっている

らしい。

先日ちょっとお邪魔した。

 

さて、昼間の喫茶店タイムのオーナーは以前からお世話になっているので

本日も世間話をしたのだけれど、ジャズが好きな方なので店内はいつも

ジャズ。

 

そして今日のタイトルのJoseph Leo Bwarieジョセフ・レオ・ブワリエが

ネットラジオで流れてきた。

聴いただけでは分からなかったのだけど、今ググッてみたところ

去年ロードショーになった、クリント・イーストウッド監督の映画

「ジャージー・ボーイズ」の元になった元祖舞台版で、

主役フランキー・ヴァリを演じていた俳優だと分かった。

 

映画は見ていたのだけれど、その際に舞台版の俳優が凄い!という事は

何かの記事で読んでいて、存在だけなんとなく把握していた。

 

そして本日、ラジオから流れる歌声で改めて彼を認識。

例えばマイケル・ブーブレとはまた違った味のあるシンガーだなと思う。

 

最近いわゆるSwingJazzを歌うアーティストがアメリカ内で多い気がする。

ビッグバンドが好きな私としては非常に嬉しい。

 

Joseph Leo Bwarieも今後聴いていきたいなと思っている。

 

ありがとうジョセフ、粋な時代の音を再現してくれて!

関連記事

カテゴリー

アーカイブ